看護公開講座 吉岡由佳 「緩和ケア」ってなに?

2015年1月15日、講堂にて看護公開講座が行われました。
今回、講師となったのは、緩和ケア認定看護師・東2階病棟副看護師長の吉岡由佳さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演では、『緩和ケアとは、重い病気を抱える患者やその家族一人一人の身体や心など様々なつらさを和らげ、より豊かな人生を送ることが出来る様に支えること。』を講話しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

講演には、市民の方や茨城新聞の記者など9名の聴講者がいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痛みやだるさなど様々な身体不調だけではなく、これからの不安や気力の低下、不眠など心のケアをするのが『緩和ケア』です。

 
辛さは一人で抱え込まなくても良いのです。

『緩和ケア』受けてみませんか?

 

Comments are closed.