栄養士が産後ケア入院に関わって

土浦市とのタイアップで、今年度より産後ケア入院をスタートさせています。
産後、初めて母児とふたりきりで生活することに、様々な事情があって、不安やつまづきを感じやすい『なりたてほやほやママ』へ手を差し伸べる新事業です。

自費による助産指導中心の短期入院ですが、栄養管理室からも心温まるサービスに一役買おうと、ティータイムプレートを入院中毎日栄養士が訪問しています。これまでさまざまな形で関わってきましたが、ハプニングもありました。その1例をご紹介します。

おむつのお世話中、ウンチのおもらしでコットが大洪水。大わらわの新米ママに、あえて手は貸すことはせず、「大丈夫、大丈夫」と穏やかに話しかけ、無事着替えが終了。ママが号泣ベビーを抱っこした時、「こんなに泣かしてごめんね」としんみり。私は側でせつなくなり、「まだあなたもママも新米なんだから、お互い様だよね」と、笑顔で赤ちゃんに話しかけました。すると、「お互い様…」とつぶやく患者様。「そうですよ、お互い様」と、諭すようにうなずくと、「ありがとうございます」と涙…でした。

こんなドラマがこの部屋で繰り広げられています。
まだ利用者は多くはありませんが、地域連携は益々深まり、利用者拡大が見込まれます。
私も孫の顔を見るような気分で、楽しく訪問しています。

                              栄養管理室長 齊藤 由理


コットとソファ、テーブルを配置

ユニットバスにも看護師ペインティングがベッド壁面のメルヘン画は、看護師作

ソファテーブル 

プレートは毎日アレンジリクエストに応じて補充変更可能

産後ケアセンターのページはコチラ
栄養管理室の紹介ページはコチラ

Comments are closed.