スポーツ整形外来

スポーツ傷害は、スポーツによる運動器の外傷(スポーツ外傷)とスポーツを続けることで起きる身体の障害 (スポーツ障害)の2種類に大きく分けられます。

スポーツ外傷

受傷の原因がはっきりしており、明らかな外力によって組織が損傷した場合を言います。
骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れ、靭帯損傷などがこれにあたります。

スポーツ障害

何度も同じ動作を繰り返すことによって、負担が積み重なり、痛みを主とした慢性的に症状が続くものを言います。
テニス肘、疲労骨折、ジャンパー膝、アキレス腱炎などがこれにあたります。

これまでのスポーツ現場での経験を生かし、外傷も障害も、そして年齢、レベルを問わず診療を行っております。スポーツを愛する皆様の日常が豊かになるお手伝いをいたします。お気軽にご相談ください。

担当医

整形外科医師 青戸 克哉(あおと かつや)
専門分野   整形外科一般
資格等    医学博士
       日本整形外科学会専門医
       日本体育協会公認スポーツドクター
       茨城県サッカー協会医事委員
       水戸ホーリーホックチームドクター
所属学会   JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
       日本整形外科スポーツ医学会
       日本臨床スポーツ医学会 
       日本臨床バイオメカニクス学会    他

予約およびお問い合わせ先

予約優先とさせていただきます。初診でもご予約をお受けいたします。
紹介状のある方:029-826-7556 (地域医療連携室) 平日8:30~17:15
紹介状の無い方:029-826-6471 (診療予約センター) 平日12:30~16:00

Comments are closed.