ヘルニア外来

詳細は『診療のご案内』の『診療各科のご案内>外科』をご参照下さい。

対象疾患

そけいヘルニア、大腿ヘルニア、腹壁瘢痕ヘルニア
(腰痛の原因となる椎間板ヘルニアは整形外科疾患で対象外)

<ヘルニアとは>
ヘルニアのなかで最も多くみられるそけいヘルニアは足の付け根(そけい部)が、瘤のようにはれる病気で、腸が出ていることが多いことから俗称 脱腸(だっちょう)といわれております。

<治療法>
自然に治ることはありません。また、有効な薬や運動療法もなく、手術のみが唯一”治せる”治療です。放置すると嵌頓(かんとん:飛び出した部分が元に戻らなくなること)し、腸が壊死してしまう可能性があり、緊急手術が必要になります。

<手術>
当院では腹腔鏡手術を第一選択にしております。

<麻酔方法>
本来全身麻酔で行う手術ですが、全身状態の悪い方には局所麻酔でも行っております。局所麻酔法では日帰り手術も可能です。
本疾患で困っている方、気軽にヘルニア外来を受診してください。

診察日時

時間:毎週月曜日
受付:13:00~14:00

場所

外科外来

担当医

担当医
外科医長 岡﨑雅也
所属学会
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
消化器がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡専門医
日本ヘルニア学会
健康スポーツ認定医

Comments are closed.