乳腺外来

乳腺外来、乳腺内分泌外来を増枠致しました。

乳腺の病気には、赤みや痛みを伴う乳腺炎、嚢胞や線維腺腫といった良性腫瘍、乳癌、Paget病などの悪性腫瘍などがあります。当院では、乳がん検診外来とは別に、乳腺疾患の診断及び乳腺の良性疾患の治療を中心とした乳腺専門の精査外来を行っています。
手術や抗がん剤治療などの治療は、担当医と患者さんと相談の上、筑波大学附属病院と連携して行っています。ご希望の病院があれば、御紹介をしております。
当院では、乳がん検診外来と連携し、当院での検診画像及び精査画像を比較することで、
検診で要精査となったことがある患者さんでも、安心して乳がん検診を利用できるようにしています。
 乳がんは閉経前後より好発する悪性腫瘍ですが、若い方も御高齢の方も自己視触診で、「しこりがあるが調べたことがない」、「最近以前と比べて変化してきた」など、気になる症状があれば、一度相談してみようという気持ちで、乳腺外来を受診して下さい。

 また、木曜日の午後は、甲状腺・副甲状腺・副腎といった内分泌疾患にも乳腺同様に対応しておりますので、ご相談下さい。

担当医・診察日 
都島由希子(非常勤医) 乳腺外来 火曜午前 乳腺内分泌外来 木曜午後
橋本幸枝(非常勤医)  乳腺外来 金曜午後

予約優先ですが、当日初診も診察終了1時間前まで受付しております。ご相談下さい。
乳がん検診外来か乳腺外来のどちらを受診した方が良いか迷われる場合は、あらかじめお電話でご相談下さい。

Comments are closed.