婦人科腹腔鏡手術

腹腔鏡手術
腹腔鏡手術は5~12mmのトロッカーを数個挿入して、腹腔内に炭酸ガスを注入して腹腔内にスペースを確保し内視鏡で確認しながら手の代わりとなる鉗子を挿入し操作を行って治療する手術です(数cmの小切開の追加を必要とすることもあります。)
術後の疼痛が少なく、美容面でも優れており開腹手術と比較すると早期に日常生活に戻ることができます。婦人科疾患の中には、腹腔鏡手術が可能な疾患があります。
腹腔鏡手術の適応とならない場合もありますが、腹腔鏡手術をご希望の方は一度私たちにご相談ください。
尚、当院には日本産婦人科内視鏡学会技術認定医日本内視鏡外科学会技術認定医がおり、外科や泌尿器科医のバックアップ体制もあることから産婦人科内視鏡学会の認定研修施設となっています。

腹腔鏡手術の種類

  • 腹腔鏡下卵巣腫瘍核出術
    内膜症や良性の卵巣の腫瘍部分(病気の部分のみ)を摘出してできる限り正常な部分を残します。10cmを超える巨大卵巣腫瘍の場合も、内溶液を吸引することで腹腔鏡手術が可能なケースもあります。
  • 腹腔鏡下子宮付属器切除術
    子宮付属器(=卵管と卵巣)を切除する手術です。臓器を摘出しますので摘出側の再発の危険性がなくなります。再発が心配な患者さんにおすすめです。
  • 腹腔鏡下子宮筋腫核出術
    子宮筋腫だけを摘出して子宮を温存する手術です。子宮を温存しますので術後に、妊娠出産も可能です。この手術は高度な縫合技術を必要とする手術で、他院で腹腔鏡手術は不可能と判断された患者様も、当院では可能となることがあります。ご希望の患者様は、一度私たちにご相談ください。子宮筋腫は良性腫瘍ですが、当院では術前診断が難しい悪性腫瘍(子宮肉腫)の可能性を考慮して、モーセレーターを使用した細切回収時は、アイソレーションバッグを使用したバッグ内回収を行っています(腫瘍のばら撒き予防の対策を行っています)。筋腫核出術後、経腟分娩可能と判断することもありますが、核出筋腫の部位や大きさによっては、分娩方法は帝王切開術をおすすめしています。
  • 全腹腔鏡下子宮全摘出術
    子宮周囲の血管や靭帯等の切断処置後、経膣的に子宮を摘出し腹膜や腟側の形成を行います。子宮の温存を希望されない子宮筋腫や子宮腺筋症、初期の子宮がん等が適応となります。
  • 腹腔鏡下子宮外妊娠手術
    子宮外妊娠は生命に関わる異常妊娠ですが、全身状態がよければ腹腔鏡下に治療が可能です(卵管切除、卵管線状切開等)。
  • 腹腔鏡検査、腹腔鏡下癒着剥離術
    腹腔鏡検査(不妊症や慢性疼痛の原因検査)や癒剥離等の治療を腹腔鏡下に行います。
  • 腹腔鏡下卵管切除術
    卵管水腫等が不妊症の原因(着床障害となっている)と考えられる場合卵管を切除しています。

その他の腹腔鏡手術として、超巨大子宮筋腫等の症例に単孔式手術(主な傷は臍部1箇所)も小数例ですが施行しております。

Comments are closed.