基本理念

「私たちは この病院に 身を寄せてこられた すべての方々に
医療を通じて 希望と力を与え その期待と信頼に応えます」

基本方針

  • かけがえのない一人の命を守る
  • 誠実に対応し、最善を尽くす
  • 現代医療の水準に合致した医療サービスを公正かつ効果的に提供する
  • 地域に開かれた病院として、診療のみならず予防医学・福祉に寄与する
  • 他の医療施設と連携し、平時ならびに災害時の基幹病院となる
  • 医学及びその関連分野の教育・研究育を推進する

霞ヶ浦医療センターの約束

私たちは、この病院で医療を受けられるすべての方々の権利を守るために、以下の約束を致します。

1.知る権利を守ります。

知る権利とは、病名、病状(検査の結果を含む)、予後(病気の見込み)、診療計画、処置や手術(選択の理由、その内容)、薬の名前や作用・副作用、必要な費用などについて、納得できるまで説明を受ける権利です。

2.自己決定権を守ります。

自己決定権とは、納得できるまで説明を受けたのち、医療従事者の提案する診療計画などを自分で決定する権利です。

3.尊厳とプライバシーに関する権利を守ります。

尊厳に関する権利とは、個人の分化観、価値観、信仰の自由を尊重した医療を受ける権利であり、プライバシーに関する権利とは、個人の秘密が守られる権利および私的なことには干渉されない権利です。

4.学習権を守ります。

学習権とは、病気やその療養方法および保健・予防等について学習する権利です。

5.受療権を守ります。

受療権とは、いつでも、必要かつ十分な医療サービスを、人としてふさわしいやり方で受ける権利です。これには医療保障の改善を国と自治体に要求する権利が含まれます。

以上の約束をした上で、私たちは医療を受けられる方々に対し、医療従事者とともに力を合わせて、これらの権利を守り発展させる責任と病院の規定および規則を守る責任を求めます。

Comments are closed.