核医学検査

ガンマカメラ装置

特徴

 ①2つの検出器でデータを収集します。
 ②データをコンピュータで処理して特定の臓器、病変を見つけます。

検査の流れ

 ①検査薬を注射します。
 ②検査の種類によってお時間がかかります。
 ③寝台に横になります。
 ④検査スタート位置に検出器がセットされます。
 ⑤検出器が動きデータ収集を開始します。
 ⑥数分で終わるものや数十分かかるものがあります。
 ⑦検査終了後、収集されたデータ、写真を専門医が詳しく判断します。

検査の種類

 脳血流シンチ、心筋シンチ、肺血流シンチ、骨シンチ、ガリウムシンチなど

Comments are closed.