お食事改善アイデア会 4回目

9月3日に4回目のお食事改善アイデア会「プロが教える『実りの秋』健康講座」を開催しました。その様子をご紹介します。
今回は入院患者さん2名にご参加いただきました。

          
はじめに、管理栄養士の実習学生がクイズを出しました。
茨城県は農産物の生産量が多いという事にちなんで、日本人が今もっとも食べている野菜の1位~3位をあてるという内容でした。
みなさんは分かりますか~???


正解は、1位 だいこん 2位 たまねぎ 3位 きゃべつ です!


解説では実際の野菜を用いて説明していて、患者様にも楽しんでいただけたご様子でした。

その後は管理栄養士による「プロが教える『実りの秋』健康講座」を行いました。

秋といえば新米がおいしい時期、炊き立ての白飯に舌つづみ、おかずがなくてもご飯だけで食べられる人もいるかもしれません。

その上、秋は収穫最盛期。かぼちゃ、さつまいも、栗、柿など好きなものにこだわって食べると、食事の偏りが進んでいきます。

ここで栄養学的に見た場合、これら、秋に出回る食べ物は炭水化物に属するものが多いのです。これは、米と同じような食べ物を意味します。

そのためごはんを自分が思ったより食べていなくても、知らず知らずのうちに炭水化物を多く摂取している可能性があるのです…!!

9月以降は、食欲も回復しやすくなり、「好きなものを好きなだけ」「ちょっとぐらいなら」と、うっかり食べ過ぎてしまう方もたくさんいるかもしれません。

しかし、このような誘惑に負けず、食べ過ぎや偏った食べ方に気を付けてこの秋をお過ごし下さい!

8月6日の「お食事改善アイデア会」はコチラ

栄養管理室の紹介ページはコチラ

Comments are closed.