完全自家製ローストチキンとミニツリー

入院患者の皆様へお食事におけるクリスマスイベントメニューをお届けしました。
その様子をメイキング画像でご紹介します。

昨年までは一部の方々しかお届けできなかったオリジナルチキン料理ですが、
今年はローストチキンまで完全自家製でじっくり焼き上げました。
その様子が下の写真です。


肉質を確認しながら、皮目にフォークでキズを1本1本つけていきます。
これでしみ込みやすくなると共に、焼き上がりの形が美しくなるように一工夫。


タレのつけ込みは3回ほど入れ替えをし、上下とも充分しみ込ませました。
隠し味にはちみつを用いました。照りよく見えるように更なる一工夫。


2時間のつけ込み後、いよいよ焼き上げです。
180℃のオーブンで火入れ開始!


最初の焼き上げです。仕上がり具合をチェック。
煮詰めたタレをかけ、さらに焼きます。
真ん中のアルミホイルに秘策が隠されています。


オーブンで焼き色を慎重に見続けます。
時々プレートの位置を交換し、均等な焼き色をつけていきます。
この工程を全部で3回行いました。


最後に、より照りをつけるため、はちみつを加えた仕上げダレをぬり、90秒焼きました。

はちみつが加わり、早めにこげ色がつき、3分予定の所を半分に短縮しました。
真ん中のアルミはくは、やくみの長ネギ、ショウガ、にんにくです。
焦げ目がつかないよう土手を作りました。
これがうまみを閉じ込める秘策なのです。


盛りつけでは、持ち手の足部分にアルミはくで包みました。
去年のご意見をヒントにお手拭き代わりのペーパータオルもお載せしました。
どうしても手の汚れで食べずらいのがクリスマスチキンの難点です。


ミックスベジタブルで華やかな彩りで完成です!

さて、デザート部門もご紹介します。

栄養管理室 栄養管理室
生クリームホイップにひと苦労 カットフルーツ。
上段2段がキウイフルーツ、下段がオレンジ。
栄養管理室 栄養管理室
デコレーション完成です。 オリジナルカードは、昨年よりミニチュアサイズの立体クリスマスツリー


このサイズを155枚を3ヶ月かかって折りました。
途中、腱鞘炎になるアクシデントもあり、完成までヒヤヒヤしました。


厨房では、炊き上がったサフランライスの盛り付けです。配膳車にエコツリーを立てました。このツリーはSE室、電気士長、ボイラー技師、事務部に材料提供のご協力を賜りました。


これが完成メニューです。

【常食献立】
サフランライス
ローストチキン
ミックスベジタブルソテー
海藻サラダ
小松菜ソテー
クリスマスケーキ(立体クリスマスツリーメッセージカード、ナフキン付)

栄養管理室 栄養管理室
さあ、エレベーターに乗って出発です! 「あら、かわいい」の職員の声


※患者さんから許可を得て掲載しております。

決めポーズでチキンをパクリ!
「病院の食事でここまで」と期待以上の表情をされる方。
完全自家製調理と聞き「おいしい」と納得の方。


病棟に余韻を残して

後日のお手紙(出産入院の方)
「クリスマスカード、とってもかわいかったです。病院でクリスマス過ごす事を寂しく思っていましたが、心が温かくなりました。ケーキが食べられて幸せです!!
どうもありがとうございました」

ツリーの苦労を労う多数の皆様の声に感動しました。
指が痛くても、最後までがんばってヨカッタ!


ちょうど、夕食を召し上がられている時間の玄関前です。
ライトアップツリ-がメリークリスマスと微笑んでいるように感じました。
きよしこの夜、病室で良い夢を……☆

昨年のクリスマススペシャルディナーのページはコチラ

栄養管理室の紹介ページはコチラ

Comments are closed.