東3病棟


   東3病棟は呼吸器内科・眼科・形成外科の患者さんが
入院される病棟です。呼吸器内科は慢性閉塞性肺疾患、気管支炎、喘息、肺炎、肺癌の患者さんが多く入院されています。眼科は白内障の一泊二日入院、形成外科は皮膚腫瘍の摘出・眼瞼下垂手術の患者さんが入院されています。
 病棟の看護体制は受け持ち制を取っています。入院から退院まで安心して患者さんが入院生活を送っていただき、ご自宅へ戻れるように、看護師・医師・薬剤師・リハビリ室、退院調整室と連携を取って頑張っています。
その為、毎週1回多職種でのカンファレンスを開催しています。
 また、慢性呼吸器疾患認定看護師も勤務しておりますので、人工呼吸器を使用している患者さんの看護・指導、在宅酸素療法の指導、効果的な排痰の援助などについてもご相談下さい。

Comments are closed.