東5病棟

 東5病棟は外科系の混合病棟で、診療科は消化器外科・整形外科・口腔外科・泌尿器科・耳鼻咽喉科です。手術を受ける患者さまがほとんどですが、化学療法やがんの終末期の患者さんも入院しています。
 手術を受ける患者さまは術前に多くの不安を抱えていますので、手術室看護師と連携し、不安を軽減して手術に臨めるように関わっています。周手術期においてはきめ細やかな観察を行い、術後が安全に過ごせるように看護を提供しています。また、化学療法を受けている患者さまの副作用については薬剤師と相談しながら対策を考え、少しでも前向きに治療が受けられるように患者さまに合わせたケアを心がけています。終末期においては、患者さまだけでなくご家族のケアも大切にしています。
 高齢で手術を受けられる方も多く、特に整形外科では術後にリハビリテーションを行うため入院が長期になることがあります。術後早期からリハビリテーションを行い、理学療法士と連携しながらADLが自立できるように努めています。また、患者さま・ご家族の希望に沿った退院支援を行い、患者さまが安心して在宅に帰れるように支援をしています。
 看護師一人ひとりが専門的な知識や技術を向上させ、質の高い看護を提供するとともに、患者さまの気持ちに寄り添った看護を心がけています。


Comments are closed.