認定看護師紹介



患者様の「食べたい」という希望を
             叶えてあげたい!

さまざまな病気により嚥下機能が低下し、口から食べることができない患者様に対し、食事の形態や摂取方法を選択し、食べる喜びや楽しみを感じてもらうため日々活動しています。



認定看護師として、
      よりよい在宅生活へのサポートを

当院は、慢性呼吸器の病を抱えた患者が多く通院されています。その患者とその家族と在宅での生活を話し合いその人らしい生活を見出すお手伝いをさせていただき、やりがいがあります。



患者様、ご家族、看護師を支える存在に

緩和ケア=終末期のケアという印象を持たれる方も多いですが、緩和ケアの役割は時期に関わらず病気に伴う体と心の痛みや辛さをやわらげる事です。また、患者様に寄り添う看護師のケアも行っていく事が役割だと考えています。



感染から患者様、職員を守るための日々

2008年に感染管理認定看護入職師の資格を取得し、現在は様々な活動を通して感染症の防止や意識向上に取り組み看護の質向上を目指しています。また、院外の医療施設・介護施設などにおける人々を感染から守るために、地域の多施設と連携して合同カンファレンスの開催や、講演を行なうなどの活動もしています。



感染対策の意識を高めていくことが、私の役目

半年間病院の費用負担を受けて2013年7月感染管理認定看護師資格を取得しました。まだ私に出来ることは少ないのですが、組織横断的に活動し感染管理の重要性を伝えていきたいです。また助産師の資格も持っているので、妊婦さんや新生児への感染管理も係っていきたいです。

Comments are closed.