生理機能検査

生理機能検査では、心電図、トレッドミル、超音波、肺機能、脳波、聴性誘発脳幹反応、神経伝導速度などの検査を行っています。

心電図検査

胸部および左右の手首と足首に電極をつけます。心筋梗塞、狭心症、不整脈等の診断について行う検査です。

ホルター心電図検査

主に不整脈、狭心症等の有無を診断するため、日常生活中の心電図を長時間(24時間)にわたって記録します。胸部に電極を貼り、小型の記録器を携帯してもらいます。

肺機能検査

マウスピースを口でくわえ、呼気や吸気などの換気量やその速度、抵抗などを求め換気機能障害の有無について評価する検査です。

脳波検査

頭皮上にたくさんの電極をつけ、脳神経から発生する波を記録します。ベッドに寝てもらい、目を閉じた状態で検査し途中で負荷試験(深呼吸や光刺激など)を行います。てんかんや脳血管障害等の診断について行う検査です。

神経伝導速度検査

手や足に電気刺激を与え、その刺激が神経に伝わっていく速度を測定し、末梢神経障害の有無やその程度を評価する検査です。

腹部・乳腺・甲状腺エコー検査

超音波を出す装置を体にあてることにより、その臓器に腫瘍あるいは結石などの有無を観察する検査です。

心臓・血管エコー検査

超音波を出す装置を体にあてることにより、心臓内の弁や壁などの動きや、血管内の血液の流れを観察する検査です。

Comments are closed.