薬剤科

当科の職員構成は薬剤科長、副薬剤科長、主任薬剤師2名、薬剤師6名の計10名です。医薬品をいろいろな角度から管理し、患者さんに医薬品を適正かつ安全に提供するよう心掛けています。
主な業務は調剤、製剤、医薬品管理、入院・外来患者さんへの服薬指導と医薬品情報提供、医薬品情報管理、治験等であり、他職種と連携してチーム医療を行っています。

調剤業務(処方)

処方オーダリングの導入に伴い、診察室や病棟で医師が入力した処方オーダーが処方箋として薬剤科で出力されます。その処方箋に基づき必要な薬剤を調剤するとともに、用法用量に間違いがないか、また相互作用のある薬剤が同時に投与されていないかなどを鑑査し、より安全な薬物治療が行われるよう取り組んでいます。

調剤業務(注射)

注射薬についても注射処方オーダリングが導入されており、処方オーダーと同様に注射処方オーダーが注射箋として薬剤科で出力されます。その注射箋に基づき患者さんごとに注射薬の取り揃えを行います。取り揃えた注射薬に対して、投与量や安定性・混合の可否などについて鑑査を行い、補液と組み合わせて病棟・外来等へ払出しを行っています。

製剤業務

市販されていない医薬品を患者さんの病態や治療目的に合わせて調整し、安全性・有効性を検討したうえで提供しています。また化学療法で用いられる抗がん剤を、製剤室にある安全キャビネットを用い無菌環境で調製し、適切なレジメン管理のもと提供しています。またクリーンベンチも備え付けられており、入院患者さんの輸液調製も行っています。

医薬品管理

医薬品の適正な在庫管理と保管、品質の確保を行っています。

医薬品情報管理

医薬品の適正使用に貢献するため、医薬品の情報収集を行い医薬品の有効性と安全性を確保しています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんに処方された薬の効果や副作用についてベッドサイドにてわかりやすく説明するとともに、薬による相互作用がないか常にチェックを行っています。また患者さんの体の状態に合った薬を医師に提案し、協議することで正しく適切な薬物治療が行えるよう支援しています。患者さんの入院時にはご自宅から持参した薬の確認を行い、医師・看護師へ情報提供することで入院中の服薬に役立てています。

チーム医療

医師・看護師など他職種と連携して、緩和ケア、栄養サポート、医療安全、糖尿病教室、心臓リハビリカンファレンス等々に薬剤師としての専門性を活かしながら参画することで、情報の共有化を行っています。

治験管理室業務

『くすりになりそうな物質』が『薬』として使われるようになるには、何年もの年月をかけていろんな試験をし、人においてどんな効き目(有効性)や副作用(安全性)があるかを確かめる必要があります。たくさんの人の協力のもとで治験を行い、新しい薬が開発されています。
治験は、参加する方の「本人の自由意思」に基づいて行われています。治験に参加される方の人権と安全性が最大限に守られるよう、厚生労働省が定めた基準(医薬品の臨床試験の実施基準:GCP)に従って行われます。

スタッフの資格

NST専門療法士:1名
小児薬物療法認定薬剤師:1名
日本薬剤師研修センター認定実務実習指導薬剤師:3名
茨城県緩和ケア研修会修了者:1名

Comments are closed.